« 10センチ髪を切る | トップページ | 優しい気持ちのきっかけに [ボクネンズアート東京] »

予想外に挟まれてて恥ずかしい

一昨日のこと、京橋から帰宅ラッシュの地下鉄に乗り込むとドアぎりぎりの位置にしか立てず、そのままドアが閉まりました。そして、ロングのダウンジャケットの裾がドアに挟まった感じがしました。自分のカバンで挟まった部分を確認できなかったけれど、確実に挟まってる感覚がありました。隣のおじさんの顔からも挟まってる雰囲気を感じました。そして、地下鉄はそのまま出発しました。

次の駅、日本橋まで30秒。挟まった側のドアが開きます。ホームには沢山人がいます。私は先頭車両に乗っていたので、ホームの人全員に挟まったとこを見られます。想像では裾がちょこっとのハズだったので、ちょこっと挟まったのをホームの人はどんな反応で見るのかと、変な好奇心でホームの人を観察してみました。一瞬皆、あっ!という顔をする感じです。

そして、地下鉄が止まりドアが開くと、腰から膝辺りまでザクっと裾が挟まっていたことがわかりました。何だか急に恥ずかしくなって、急いでその場を後にしました。

だけど、引っかかったり危険なことがなくてよかったと思います。今後気をつけます。

送信者 らくがき@このサキのサキ

|

« 10センチ髪を切る | トップページ | 優しい気持ちのきっかけに [ボクネンズアート東京] »

日常」カテゴリの記事

コメント

寝ようと思ったら、ツイットが呼んだので
見に来ましたよ!
帰りの銀座線は混むよねぇ(>_<)
陽気が良い時は、敢えて日本橋まで
歩いたりするよ…

ともかく、何事もなく良かったね

投稿: nanaken | 2010/03/11 02:18

何事もなく無事でよかったです。

目撃する側は一瞬…あっ!という感じになるけれど、
ドアが開いた瞬間に忘れてしまうものよん。
降りたい駅でドアが開いてよかったわ~。
反対側のドアが開くこともあるから、行きたくない所まで連れていかれちゃうことも。。。


投稿: フェリーチェ | 2010/03/11 11:33

今回のミス・ユニバース日本代表に選ばれた方は、黒髪で眉あたりで前髪を揃えているところはSakiちゃんと似ていますね。
でも、Sakiちゃんの方が素敵!
と密かに思っております。

今度ボクネン行ったら、座布団一枚もらえる予感♪(笑)

投稿: Zabunjp | 2010/03/11 14:37

ケガなくて良かったあ。
30秒が随分長く感じたでしょうね。
ジャケットの方は大丈夫だったのかな?coldsweats01

投稿: JUN姫 | 2010/03/11 16:31

無事で何よりok
普段、慣れっこになっちゃってますが、電車だってエスカレーターだって、動いてるものは危ないんです。
ちゃんと余裕を持って利用しましょうねえ。
特にラッシュの時は我を忘れがちだから気をつけよう(≧∇≦)

投稿: 風露 | 2010/03/11 23:04

nanakenさん

あの一駅が混みますよねー。
私も日本橋までの徒歩率高いです。
帰り道も同じだったのですね笑

投稿: saki | 2010/03/12 14:48

フェリーチェさん

確かに、一瞬の出来事で流れていきますね。
そして反対のドアじゃなくて良かったです。
電車内では色んなドラマや事件や人間模様がありますね。

投稿: saki | 2010/03/12 14:51

Zabunjpさん

そんな~畏れ多いです><
でもそんなこと言われたら、座布団どころか何でもあげたくなっちゃいます。
何が欲しいのですか!?笑

投稿: saki | 2010/03/12 14:54

JUN姫さん

ジャケットはなんとも無かったです。
ご心配おかけしました。
別の日、滑ってしりもちを着いた時はこのダウンがおしりを守ってくれました。

投稿: saki | 2010/03/12 14:57

風露さん

本当にそうですね。
我を忘れて自己中になりがちです。
ゆとりと思いやりを持つこと忘れないようにしたいです。

投稿: saki | 2010/03/12 14:59

おぉぉ
結構危ないよね。
無事でよかったsign03

投稿: まるこ | 2010/03/12 21:06

まるこ

危ないよね。
これから気をつけるよぉ。

投稿: saki | 2010/03/12 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443715/33720629

この記事へのトラックバック一覧です: 予想外に挟まれてて恥ずかしい:

« 10センチ髪を切る | トップページ | 優しい気持ちのきっかけに [ボクネンズアート東京] »