« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

どんな人生

どんな人生
行きたい場所が沢山あります。
国内も海外も沢山旅がしたい。
まだまだ知らない文化に触れてみたい。
人と出会いたい。

そんな風に思いながら、これから私はどんな人間になるのだろう。

心を強く、しなやかに、色鮮やかに生きて行きたいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

まることまるこ 銀座でタイを思う

送信者

今日は友人まること銀座に行きました。
まずはランチ♪ということで、入ったお店はマロニエゲートにあるジムトンプソンズテーブル タイランドというタイ料理屋さんです。
平日1,500円でメイン料理+食べ放題というメニューに惹かれました。
メイン料理はグリーンカレーやトムヤムヌードルなど10種類くらいの中から選べ、食べ放題コーナーは品数は多くないけれど、サラダや炒め物そしてデザートも本格的で大満足でした。
ここはもう一度行きたいな。

タイには学生の頃に一度行きました。
先に現地入りした友達を追いかけて、飛行機のチケットだけを取っての旅でした。
夜のタイ空港に着く直前「ちゃんと友達に会えるのか、会えなかったらどこに泊まればいいの!?」とバクバク緊張だったこと、無事に会えた安堵感、バンコクの怪しい熱気、ベッドしかないゲストハウス・・・今でも忘れられない旅です。

一方、今日一緒に過ごしたまるこも、タイには数え切れないほど行っています。
食後に見に行った映画「プール」もタイが舞台で、銀座にいるのにタイに浸れる一日でした。

そして、学生の頃から変らず熱く生きるまるこの姿に刺激を受け、また頑張る力をもらいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

得意気に話したくなる横浜


昨日は横浜を散策してきました。

横浜駅からみなとみらいを抜けて中華街までの道のりです。

途中にある大さん橋は初めて寄りました。
丁度時間は夕暮れ時でした。
ビルの合間に沈む夕陽を眺めていると、その隣のビルの合間には赤に染まった富士山も現れました。
反対側では、護衛艦が国旗を下げる時間となり、トランペットがパッパカパーと鳴り、普段見ない光景に外国に来ているかのような気持ちになりました。

横浜は異国情緒と新旧がともにある街だから、いつ来ても新鮮なのだと感じました。

日も暮れて、夜景も楽しんだ後は、中華街で肉まんを食べて帰りました。

2時から20時まで、たっぷりのんびりのお散歩でした。

神奈川のど田舎出身の私ですが、横浜のことになると得意気に話してしまいます。

とはいえ、まだまだ知らないとこばかりです。
これからも開拓していきたいと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな色にわくわく

送信者 らくがき@このサキのサキ

八重洲地下街が寄り道ナンバーワンスポットです。
服やら靴やらカバンやら、緊張せずに見て買えるのがお気に入りです。
先週は300円ショップで、欲しいと思ってたイメージ通りのレッグウォーマーを発見。
色が色々可愛くて、思わず沢山買ってしまいました。
好きな色の組み合わせに出会うと、それだけでわくわくします。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

去年の今頃は伊是名島にいたね。/南の緑門展 PR MOVIE

送信者

※photo by hideo ishijima
 
ちょうど去年の今頃、ボクネンさんの生まれ島の伊是名に行きました。
木も岩も海も何もかも今にも動き出しそうな姿をしていたことが印象的でした。
“塵芥にも神様が宿っている”という言葉が理解できました。
 
さて、来週末から始まる展覧会では緑門作品とその先に広がる海の世界を描いた作品を展示します。
ボクネンさんの心の目でリアルに捉えられた作品は、見れば見るほどその世界に引き込まれていきます。


◆『南の緑門展』~緑門を抜けると、真っ青な海だった~
会 期:10月17日(土)~24日(土) ※日曜営業
    open / 11:00-19:00
会 場:ボクネンズアート東京

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日帰り温泉@箱根の天山

送信者 らくがき@このサキのサキ

前回の箱根ドライブで寄ったレストランで、陽気な店長に教えてもらったおすすめの温泉天山に行ってきました。
女3人日帰り温泉旅行です。

今回は電車だったので、箱根湯本の駅から100円の巡回バスに乗って行きました。
バスを降りる時、隣に座っていた欧米系のお兄さんに「ステキナTシャツダネ」と褒められ、出だしからいい気分です。

お風呂はほとんどが露天で、洞窟や炭酸のようなシュワシュワしたお湯や温度の違うものが6つほどありました。
割と同年代の人が多いのが印象的でした。

脱衣所の上の階には休憩スペースもあり、今の季節景色も風も心地よく、開放感溢れてくつろぐことが出来ました。
その部屋の柱に“ここから男風呂が見えますが逆はありません”と注意書きがあるのを友達が見つけ、「それなら安心だね」と皆で笑いました。

そんなことで、あっという間に楽しい休日は終わりました。

家に帰って天山に行ったと母に言ったら、「子どもの頃よく皆で行った場所だよ」と言われポカンとしました。
よく温泉に行ってたことと、洞窟風呂の記憶はあったけれど、まさか同じ場所だったとはね。

いつの間にか自分の足でそんなところに行けるようになってたのかと、自分の成長に驚いた温泉旅行でもありました。
今度はもう少し、車で遠出がしてみたいなと思いました。


■ひがな湯治 天山
神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋208
箱根湯本駅からバスで10分。
入浴1,200円/9~23時/貸し出しタオルなし/石鹸・シャンプー・ドライヤーあり


| | コメント (4) | トラックバック (0)

絵が好きな事に自信があるその原点。

送信者 らくがき@このサキのサキ
こんなイメージが好き。

こんな色が好き。

だからこんなのばっかり描いてしまう。
13歳の時から変らない私の好きなイメージ。

何で13歳かというと、中学の美術の先生との出会いがあったからだと思う。
絵を描くことの楽しさを教えてくれた。
絵を描くことで心から湧き上がるものを表現することを教えてくれた。
理想も夢も喜び絵の中で叶えることが出来ると教えてくれた。
怒りも不安も悲しみも絵が吐き出してくれることを教えてくれた。

そんな先生と今日、仕事でチラシを置きに行かせてもらったイベント会場でちょこっと会うことが出来た。
嬉しくて元気と力が沸いてきた。
原点を確認できたので、また初心に帰って毎日頑張ろうと思います。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

サンドウィッチブーム

送信者 らくがき@このサキのサキ
今週、私の中ではサンドウィッチブームです。

クルミパンやバタールなどの大きめのパンを、厚めにスライスして切れ目を入れて、チーズやベーコンを挟むだけの簡単なものです。

今朝もお弁当用に作っていたら、学生の頃にサンドウィッチ屋さんでバイトをしていた時のことを思い出しました。
お客様の前で作っていくサンドウィッチ屋さんです。

ピーマン、玉ねぎ、レタス・・・それぞれ何グラムと決まりがあったけれど、沢山入ってたほうが嬉しいし、と思って大盛りで作ってよく店長に怒られました。
でも今は好きなもの好きなだけ入れられるもんねー♪

ということで、明日もサンドウィッチ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »