« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

水から炊くから水炊き [水たき いろは / 中州]

阿蘇から帰った夜は、中州にある「いろは」という水炊き屋さんへ行きました。
水炊きって何?水の鍋?え、トリ鍋?
初めて食べる料理です。

鶏肉を骨ごとぶつ切りにして、水から煮立たせて作るので水炊きというそうです。

骨付きぶつ切り鶏肉ですから、見た目はちょっと豪快ですが、鶏丸ごとの美味しいところが染み出たスープだけでも満足でした。
もちろんお肉にもかぶりつきました。

コラーゲンをたっぷり摂取して、翌日の肌の調子はバッチリでした。


話は変りますが、博多の女の子はみんな可愛いくて綺麗ですね。
街を歩きながら、「あの子可愛いよね、スタイルいいよね、肌綺麗よね・・・」
と、どうしても男目線になってしまうのです。
前世は男だったのかしら。

そんなことで2日目の博多の夜も楽しく更けていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なめらかな緑の山 [熊本 / 阿蘇]

九州2日目は熊本県の阿蘇に向かいました。

旅の前に父ちゃんから「阿蘇に行った時は今までに見た事のない光景に驚いたよ」と聞いていたのですが、訪れて本当にビックリしました。
山といえば木の生茂るイメージでしたが、ここは山一面が黄緑色と緑色の草原で覆われています。
山の端がなめらかで柔らかな印象でした。
噴火口からはもくもく煙が上がり、地球の鼓動を感じました。
同じ景色を見た驚きを、時間を越えて父ちゃんと共有できました。


そんな綺麗な緑をバックにひでおさんに撮ってもらったこのショットがお気に入りです。

送信者 社員旅行@九州

※photo by hideo ishijima


阿蘇では温泉にも入りました。
垂玉温泉に行ったのですが1分の時間切れで入れず、隣の地獄温泉に入りました。
隣同士の温泉ですが、源泉が違うようです。
ぜひともまた訪れたい場所となりました。


[関連サイト]
▼ひでおちゃんねる
女性は写真を撮られるようになると美しくなると言う噂ですが・・・
これで飛んでいるつもりなのです / 阿蘇米塚より
▼さおたんのしっぽ 阿蘇を流れ行く雲・雲・雲・・・
▼ちゅらスタイル 阿蘇にも行ったとよ。
▼つぐみんぐ もり田を目指して600mile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

博多の屋台~おやじさんとの再会~

博多に来たら屋台でしょ!

前回の夜行バスの旅の車内で、屋台の素晴らしさを力説する博多っ子がいました。
その話を小腹の空く時間帯に盗み聞きをしていたこともあり、屋台への夢は膨らむばかりの状態でした。
それから2ヶ月、今回夢が叶いました。
強く願えば叶うのね。(食べ物への思いは何よりも強い。)

訪れたのは、20年前にひでおさんが通っていたという屋台でした。
すっかり変ってしまったという街を、記憶を頼りに歩きまわり、汗だくになり、それでも諦めずに歩いていくと、当時と変らないその場所にありました。
ただ、屋台の中に当時のおやじさんの姿がありません。

ちょっと残念だね、と言い合いながら順番を待っていると、おやじさんがどこからともなく登場したのです。
私は初めて会うのに、何だかジーンとしました。
20年前の話をすると、「そんな話をした記憶があるね」ととても盛り上がりました。
さらに話を聞いてみると、少し前まで体調を崩され最近復帰したところだったというのです。

何だかすごい。
諦めないでここの屋台に辿りついたこと、おやじさんに会えたこと。

この場所で何十年もお仕事をしているおやじさんはとても良いお顔をされていました。
それだけで満足してしまいましたが、もちろんラーメンも食べましたよ。


美味しい食べ物と人との出会いで、九州1日目が終わりました。


[関連サイト]
▼さおたんのしっぽ 夜の博多にて 〆はやっぱり屋台でしょ!
▼ちゅらスタイル 屋台のラーメン、おいしかよ。
▼つぐみんぐ もり田を目指して600mile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本物の仕事を知る [福岡 / 小倉]

こんにちは。カトサキです。
遅ればせながら、社員旅行@九州をレポートしたいと思います。
この旅はボクネンズのひでおさんみきさんさおりさん、そしてTINGARAの歌姫つぐみさんと九州は福岡・熊本・長崎を訪れました。

私は2回目の九州です。
1回目は、今年のゴールデンウィークに夜行バスと電車を乗り継いで行った大分県です。
まさかこんなに早く九州にやってこれるとは思っていなかったので、旅が決まった時はとても嬉しかったです。
なんといっても、今回の交通機関は飛行機だったので物理的にもあっという間に到着しました。
人間が創ったものは素晴らしいですね。


さて、そんな速い飛行機ですが福岡空港への到着が大幅に遅れました。
この後の予定に間わせるため、到着やいなや猛ダッシュの旅が始まりました。
向かうは小倉、ひでおさんが日本一(ということは世界一!)美味しい寿司屋と呼ぶ「もり田」さんです。

無事にお店にたどり着き、大将にご挨拶をし、いよいよ世界一のお寿司をいただきました。
お味は言うまでもありません。
本当に美味しくて美しくて、無駄がありませんでした。

大将のお話を伺った中で特に印象に残ったことがありました。
モノクロのお写真を見せていただいたのですが、そこにはお座敷で10代の大将と、大将より一まわり二まわりも年上の方々が写っていました。
大将はその頃からお寿司を握り、周りの皆さんは大将のファンの方々でした。
現在75歳ということは、もう60年近く仕事を続けていらっしゃるのですね。
そして今でも東京に来た際は、必ずお寿司屋さんを訪れ味や流行などを勉強されているそうです。
強い信念を持っての経験と、それを進化させながら続けること。
それは何にも返られない心の宝物だと学ばせていただきました。

そうしてあっという間に次の予約のお客様が来店され、私たちはお店を後にしました。

人との出会い、食の旅がここからスタートしたのでした。


[関連サイト]
▼ひでおちゃんねる 日本の宝です。 / 日本一の鮨、もり田
▼ちゅらスタイル こん人に会いに行ったとよ。
▼ さおたんのしっぽ 拝啓 日本一美味しいお寿司屋さん『もり田』の大将様
▼つぐみんぐ もり田を目指して600mile

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いつの間にか夏です。[夏のセレクト展/ボクネンズアート東京]

梅雨も明けて一気に夏本番となりましたね。
ギャラリー内は、ボクネンさんの作品効果でとっても爽やかなのですが、外に出るとコンクリートが熱を吸収していて熱々です。
近所のみんなに可愛がられているネコちゃんたちも伸びています。

そんな中でも、ふと見上げる空は夏の顔を覗かせています。
夏の空を見るとどうしてだか心弾みますね♪
ああ、プールに行きたい。
海に入りたい。

そんな夏に合わせて、来週の海の日から展覧会を開催します。
今回もPRムービーを撮影しました♪


▼夏のセレクト展
http://www.bokunen.com/mt/archives/2009/07/post_413.php
会 期:7月20日(月・祝)-8月1日(土)※日祝営業
    open / 11:00-19:00
会 場:ボクネンズアート東京


その前に、スタッフみんなで九州へ行ってきます。
展覧会で元気にお会いしましょう♪

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有楽町マルイの魅力

有楽町のマルイに行くと、とってもワクワクします。
見るもの全てがキラキラしてて素敵です。
実家近くのマルイとはどうしてこんなに違うのでしょう。
お買い物をしているお姉さんもみんな綺麗です。
そんな環境だから最初は、こんな私が買い物していいのかっ!?とド緊張でしたが、今ではちょっと慣れました。
おのぼりさんにも度胸がつきました。


おしゃれでかわいいものだらけなだけで魅力的ですが、今の季節はバーゲンですね。
今日は靴を見に行ったのに、ベルトを買って帰りました。
普段買わないようなものも買ってしまうのがバーゲンの魔力です。

皆さんはどんな素敵な物をゲットしましたか??


そんなことで、職場からは歩いて有楽町にも銀座にも日本橋にも行けてしまうのだから、もっと寄り道してセンスを磨こうと思いました。

よし、明日からも頑張るぞっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガソリンスタンドデビュー(ひとりで)

最近、車の運転するのが楽しいので実家に帰っては家族の車を借りています。
先週末は、弟の車を借りて出かけたのですがガソリンメーターが空に近い。
「ガソリンあるって言ってたのに、うそつき」と心で文句を言い、ドキドキしながら目的地に向かいました。

なぜドキドキかというと、ガソリンスタンドに入ったことがないので、ガソリンがなくなるのも、スタンドに入るのもどっちも怖いのです。
無事用事は済ませたけれど、どんどん下がって行くメーターにドキドキ増すばかり。

だけども、「このまま弱気にガソリンスタンドにも入れない自分なんて嫌!」と気持ちを奮い立たせ、セルフのスタンドに入りました。

お金を入れて、満タンボタンを押して、給油口開けて、給油開始。
「なんだ、簡単じゃん、ふんふふん♪(鼻歌)」と格好つけていたら、順番待ちのおっちゃんに「メーター回ってないよ!」と突っ込まれます。
サ:「えっ!?」メーターは42円で止まったままだ。
サ:「どうしたらいいんですか!?」と叫び返す。
お:「ハンドル握るんだよ(イライラ)」
サ:「握ってるし!(ドキドキ)」
と、やり取りを繰り返し、結局私の握り方が下手だったみたい。

順番待ちの車は結構いて、申し訳ない事態になっていたので焦ってか、満タンでもないのにもうガソリンが出てこなくなって、急いでおつりをもらってそこから逃げました。

ふう、疲れた。

だけども次回からは落ち着いて、ガソリンを入れることが出来るでしょう。
何事も経験!ということで、安全ドライブを心がけたいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »