« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

ムービー出来ました![絵本の原画展~紅逢黒逢の刻~]

PRムービー完成しました。
私の目が泳いでいるのが反省点。
客観的に自分を見ると改善点が沢山見える・・・。

けれども、本当にステキなギャラリーです。
明日から展覧会が始まりますよ♪


▼名嘉睦稔 絵本の原画展~紅逢黒逢の刻~ 第二部「蜘蛛の精」
蜘蛛の化身と恋をした島の娘の物語。
会 期:6月19日(金)~27日(土) ※日曜営業
    OPEN / 11:00-19:00 
会 場:ボクネンズアート東京


皆様のお越しをおまちしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ムービー撮影裏バナ

昨日は、前回の展覧会PRムービーに引き続き、新たなムービーを撮影しました。
前回の反省を踏まえ、さおりさんと何度も何度もシュミレーションをして臨みました。
さあ、結果はいかに・・・。
カメラ、照明、音声、監督、演出、音楽・・・なんでも出来てしまうボスのひでおさん
これから映像を編集してくれます。(よろしくお願いいたします。)

撮影時は、普段作品を照らす照明が私たちの照明になります。
明るさをMAXにして顔にガンガン当て、下にはレフ板もどきの白い板を置き、反射する光も余すことなく使います。

一体ここはどこなの、私たちの仕事って一体何、という感じの心境です。
通行人がしばし不審な目で覗いて行きます。

撮影の裏側もお見せ出来たらきっと面白いですね。
それでは、PRムービーの完成をお楽しみに♪

▼展覧会にも来てね。
名嘉睦稔 絵本の原画展~紅逢黒逢の刻~[第2部 蜘蛛の精]


| | コメント (4) | トラックバック (0)

アシカのパフォーマンス[エプソン品川アクアスタジアム]

学生時代のブラジル研修仲間と水族館に行こうということになり、エプソン品川アクアスタジアムに行ってきました。
運動が苦手なイルカのラッキーや、ペンギンのお食事タイム、サメとエイの海中トンネルなど見所は盛り沢山。
中でもハートを掴まれたのがアシカのパフォーマンスでした。
二組の飼育員とアシカがお笑い芸人のコントのような芸を披露し、歓声の大きさで勝負をします。
それが、どちらとも息がピッタリで、細かいところまでプログラムが詰められていて、客席との一体感もあり、今まで見てきたショーの中で一番面白いと思いました。
ネタも色々あるようで、これはもう一度見に行きたいです。
交通の便も良いし、遅くまで(この日は21時まで)開いているので訪れやすい水族館ですね。(同時に、生き物たちに「遅くまでおつかれさまです」という気持ちになります。)

久々に会った二人の仲間とは、離れた時間を微塵も感じずタイムスリップした気持ちになりました。
二人とも私より年上ですが、当時から誰よりも私が姉御肌を発揮してしまいます。
いつも偉そうにに突っ込みを入れたり、仕切ったりしてしまうけど、尊敬しているし大好きだから許してね。

ということで、思い出が増えた日曜日でした。

送信者 090614

| | コメント (4) | トラックバック (0)

停電

たった今、家中の電気が消えたと思ったら「ドカンッ」と激しい雷の音。
心臓が飛び出しそうになりましたが、すぐに復旧しました。
よかった。

関東全域に大雨・雷・洪水注意報が出ていますね。
無事に一晩越せますように。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブラジルのニオイ

ブラジルのニオイ
今日は弟の車を借りてドライブをした。
碁盤の目のように整備された内陸工業団地の中をぐるぐる走る。

先週、出来たばかりの郷土資料館で町の歴史を知ったのだけど、この内陸工業団地は戦時中の飛行場だったと知り何とも複雑な気持ちになったところだった。
戦後の復興で出来たのがこの工業団地だったとは、知らなかった。
最初は地元の人々の労働の場だったのが、どんどん拡大し日本全国、そして海外からの人々が働く場所になっている。
なので、小学生の頃から南米系の子たちがクラスに何人かいるような町で私は育ったのだ。

大学に入って、ブラジル研修というのに参加し、1ヶ月半ほどブラジルに滞在したのだけど、その時に今から100年前に移民として海を渡った日本人が数多くいることを知り、現在は彼らの子孫が日系人として数多く日本で生活していることを知った。
自分の町に住む外国人はそんな歴史を背負ってるなんて、それまで全然知らなかった。

そんなことで町にはブラジルの衣類から食べ物を扱うお店があちこちにある。
今日はドライブがてら、前から気になっていたお店に行ってみた。
コンビニのような店内に入った瞬間、ブラジルの匂いに刺激され鼻孔の奥が全開になって、ブラジルでの楽しかった記憶がどっと蘇ってきた。
やっばいテンションが上がって顔がニヤニヤして、ふつうの顔に直らなくなってしまった。
懐かしい感じのお菓子とジュースを買って、店員のリカルド青年に「懐かしくて嬉しいです。ありがとう!」と日本語で興奮を伝えお店を後にした。

だけどもこの不況で真っ先に契約を切られてしまう人々のことを思い心が痛くなった。
どうか少しでも沢山の幸せがありますように。


そんなことで、私の中でブラジルという国はとても大きい。
出会った仲間、経験したこと、鮮やかな色…本当に大きい国だ。

もう一度訪れる日を夢に、お仕事頑張るぞ♪と気合いを入れたドライブでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

成長記録ビデオ?

展覧会PRビデオなのですが、自分にとっては成長記録のようです。
これを見て落ち込んで反省して成長する努力をします。
今回はひでおさんに CANON 5D MarkⅡというすごいカメラで撮影してもらいました。
ぜひ高画質HDでご覧下さい。


切ない恋を描いたボクネンさんオリジナルの絵本の原画展。
まるで恋をしたときの気持ちが蘇るような作品の数々です。
ストーリーの言葉一つひとつが美しく涙が出そうになります。


▼絵本の原画展~紅逢黒逢の刻~

第一部『人魚夜話』
人魚娘と若い漁師の切ない恋物語。
会 期:6月5日(金)~13日(土) 11:00-19:00
 
第二部『蜘蛛の精』
蜘蛛の化身と恋をした島の娘の物語。
会 期:6月19日(金)~27日(土) 11:00-19:00
 
会 場:ボクネンズアート東京


皆様のお越しをお待ちしています♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ねこちゃん

ねこちゃん

みなとみらいで出会ったねこちゃん。
シーカヤック(かな?)置き場に8匹くらいで住んでいました。
ねこちゃん同士が大勢で遊ぶ姿を始めてみたけれど、小さな野生を感じました。

だけど私はちっとも好かれないので、ねこちゃんが苦手です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »