« 寅さんの涙にもらい泣き | トップページ | mixi改名しました。 »

海のふたの思い出 [海のふた展@ボクネンズアート東京]

Jikannonakawooyoide_4よしもとばななさん小説「海のふた」
2003年11月から2004年5月まで読売新聞の土曜の朝刊に掲載されていたもの。
この頃何してたかな・・・と思い出すと、大学1年から2年の年だ。
調べてみたら連載終了の翌月に単行本化されていて、自分が手にしたのは発売直後だったと思う。
買った本屋さんまで覚えてる。

何だか、いろんな記憶が蘇ってきたぞ。

その時付き合ってた人がばななさんの作品が大好きで、読み込んで厚くなっている本を貸してもらったりした。
だけどそのときは何だかうまく自分の中にストーリーが入ってこなくて、最後まで読めなかった。
だけどそんなときに、大好きなボクネンさんが挿絵をしたこの小説「海のふた」を本屋さんで見つけて、即行買ってその人にプレゼントしたんだった笑
この小説はすらすら読むことが出来たな。

その直後、私は大学の研修でブラジルに行って沢山のことに刺激を受けて感化されすぎて、帰国後その人とは別れてしまった。
そんなことがあってますますばななさんの小説が読めなくなってしまったのだけど、そのことに自分の中に区切りが出来た頃、一気に作品を読む時期がきた。
多分ほとんどの作品を読んだと思う。

おお、ばななさんにまつわることがこんな短期間に凝縮されていたなんて。
思い出して変な感じ。

なんで今回こんなことを振り返ったかというと、明日から小説「海のふた」の挿絵・原画展をボクネンズアート東京にて開催します。
あの時の経験や感情がこんなところに繋がるとは、人生不思議で面白いね。

ということで、会期中は無休なのでぜひ作品を観にきてください。
お待ちしています♪

----------------------------------------------
名嘉睦稔 木版画展「海のふた」
■会 期:4月17日(金)~25日(土)※会期中無休
     open / 11:00~19:00
■会 場:ボクネンズアート東京
----------------------------------------------

|

« 寅さんの涙にもらい泣き | トップページ | mixi改名しました。 »

BOKUNEN'S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443715/29147725

この記事へのトラックバック一覧です: 海のふたの思い出 [海のふた展@ボクネンズアート東京]:

» 『海のふた展』 / ボクネンズアート東京 [BOKUNEN'S WORLD | 名嘉睦稔(なか ぼくねん)]
4月17日(金)より、よしもとばなな氏の小説「海のふた」挿絵に使用された作品を中... [続きを読む]

受信: 2009/04/18 14:11

« 寅さんの涙にもらい泣き | トップページ | mixi改名しました。 »