« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

お気に入りのTシャツ

P2008_0730_153502

これから夕飯の買出しに行きます。
夏の夕方の風は気持ちがいいね。

ヒグラシの声を聴いてたから余計にそう思うのかも知れないわ。

現実か音だけか、分からなくなっちゃうリアルな「ヒグラシサウンド」!ヘッドフォンで聴いてね。



▼ひでおちゃんねる
http://hideo-channel.blogspot.com/2008/07/adphocx-bme-200r-09.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

知恵と気持ちで出来ている。

毎日、プロジェクトスタッフ(ボランティア)の皆さんとボクネンズのスタッフと、シフトを組んで会場のお仕事をしています。

昨日いらっしゃったお客様に、「受付に入ったところからずっと皆さんの対応がとても良い感じね。」と、お褒めのお言葉を頂きました。

スタッフみんなみんな、ボクネン作品が大好きな人たち。
だから、会場にいらしたお客様にも気持ちよく作品を観て頂きたいし、ボクネン作品の感動を一人でも多くの方へ届けたいと、心からの笑顔と心遣いが自然と出てくるのだと思います。

そんな素晴らしいプロジェクトスタッフさんの知恵と気持ちが集結し、この展覧会が出来ています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

展覧会も音楽も集まる人も凄い。

先週土曜日から始まった展覧会。 

名嘉睦稔木版画展~命の森~

会場の様子を公開中!
レポーターはつぐみさん
TINGARA(てぃんがーら)の歌姫です。
「つぐみさんの歌声は神様の声だねー」と感想の声。
私もそう思います。

じゃじゃーん


  

ニューアルバムが旧暦の七夕に発売決定。

組曲~命の森~
発売日:2008年8月7日
発売元:天河銀河レーベル
CD番号:AGTI-01
価 格:2,500円(税込)

会場で予約受付中。
予約特典もあるのよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっちにしろ、ね!

080619 明日からよ。

まだ私、じっくり展示が見れていないのです。
だけど一瞬でも作品と対峙する時、涙が出そうな感じになります。
ダレもいなかったらこっそり泣きます。
(いても泣くだろうがね)

そんな空間が今、開かれます。

名嘉睦稔木版画展~命の森~

第一部 陸の森 7月12日~8月17日
第二部 海の森 8月23日~9月28日
open/9:00-17:30
一般800円
@明治神宮 文化館宝物展示室
 

私も欲しい!サイン会

7月12日 13:30~15:30
@明治神宮 文化館宝物展示室
対象:カタログor画集をお求め頂いた方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何でかね。

いつからかミクシの写真をこんな絵にしてたんだけど、何でか実際こんなヘアスタイルになりました。

1年前、いや半年、3ヶ月前にはありえない!と思ってたのに何でかね。
マジックにかかりました。
みんなが良いね!って言ってくれて安心しています。

ただ、汗っかきの私は滝のように流れる汗に戸惑います。
結んでた時は、髪が固定されている分汗が流れにくかったんだね。

そんな汗かきかき、今日は明治神宮に作品を搬入してきましたぞ。
明日はいよいよ会場設営。

企画がカタチになります。
始まります。

080408_3

名嘉睦稔木版画展~命の森~

第一部 陸の森 7月12日~8月17日
第二部 海の森 8月23日~9月28日
open/9:00-17:30
一般800円
@明治神宮 文化館宝物展示室

初日にはサイン会があるんだよ♪

頭も心もフレッシュに行きます!カトサキ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

加藤清正

明治神宮の中にある明治神宮御苑は今、花菖蒲が盛りだそう。
わたしはまだ見に行けてないんですけど、映像で見るだけで気持が研ぎ澄まされる感じ。

こちらをどうぞ。

で、中に出てくる加藤清正の井戸はパワースポットなんだって。
モコモコ湧いてる水が綺麗だね。
加藤清正と言えば虎退治の話で有名な人ですね。
なんで私がそんなこと知ってるかというと、手話で『カトウ』を表す方法がこの人に由来するんだと、高校で勉強しました。

それを、どう表すかというと、ゲッツ!の感じそのまま。

この「ゲッツ」が、虎を狩る時の槍を表してるんだそう。
だから手話で自己紹介するときは、ゲッツサキになります。
そんなことはどうでもイイけど、その清正さんと明治神宮を通してまた出会うとは思わなかったので、なんか嬉しい。
ぜひとも足を運ばなきゃ♪

それにしても、さおたん先輩に萌えぇ~lovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »